お申込み入力

  • 申込入力
  • 確認画面
  • 申込完了

(一般社団法人)都市計画コンサルタント協会

【 令和4年度 都市再生整備計画関連事業 説明会 】

詳細内容

令和4年度 都市再生整備計画関連事業 説明会

令和4年8月25日(木)15時から17時頃
Webセミナー

CPD単位  申請中
認定番号  申請中


都市再生整備計画関連事業(都市構造再編集中支援事業・都市再生整備計画事業・まちなかウォーカブル推進事業)は、平成16年に創設された「まちづくり交付金」の流れを継いでいますが、令和2年度に現在の3事業体制になってから「要件が分かりにくい」「どう活用すれば良いか分からない」といった声も聞かれます。一方で、まちづくり交付金よりもさらに支援対象が拡充されており、これを上手く活用することで、持続可能なまちづくりを進めていくことが可能です。このため、今回は都市再生整備計画関連事業の事業目的、概要、3つの事業の共通点と相違点、活用イメージ、留意すべきポイント等を国土交通省の担当者から説明して頂きます。

説明会の概要
開催日時: 令和4年8月25日(木) 15時から17時
開催場所: オンライン(Zoomミーティングを利用予定)
講  師: 国土交通省都市局市街地整備課
 企画専門官 横山 大輔 氏

参加申込
 参加申込締切 令和4年8月22日(月)まで
 定    員 60人程度
 参  加  費 1,000円
 参加費支払 参加費は銀行振込またはクレジットカードでお支払いのどちらかでお願いいたします。
◆ 銀行振込
 みずほ銀行 町村会館出張所 普通口座 №2371822
 口座名: シャ)トシケイカクコンサルタントキョウカイ 宛
 ※お振込みにあたって、通信欄に「0825」と入力後、会社名、氏名を入力ください。

◆ クレジットカードによるお支払いは、お申し込みと併せて行います。

◆ キャンセル期限
 8月23日(火)まで下記メールアドレスにて受け付けます。折り返しキャンセル受付確認のメールを差し上げます。
 E-mail: info@toshicon.or.jp
上記にまでにキャンセルの手続きをされない場合には、説明会に参加されなくとも参加費の払い戻しはしません。

◆問合せ先
一般社団法人 都市計画コンサルタント協会  事務局 担当:木村・田村
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-18  ハイツニュー平河3F
TEL:03-3261-6058
FAX:03-3261-5082
E-Mail :info@toshicon.or.jp

◆ご注意◆ お申込みにあたってはデータ送信などが確実に終わるようにしてください。
 また、「申込完了メール」の着信を確認してください。
(クレジット決済の場合は二つのメールが「クレジット決済メール」の他に「受付確認」のメールが送信されます。)
 着信しない場合は、問合せ先に必ずご連絡ください。


お名前*
メールドメイン指定受信許可のご確認
「@toshicon.or.jp」から届くメールを、ドメイン指定で受信許可と
していただきますようおねがいいたします。
※「メールドメイン指定受信許可」とは、迷惑メール対策として、
許可した発信者からのメールしか受信しないように
設定するものです。
その他入力事項
支払方法*

【個人情報保護方針】

(一般社団法人)都市計画コンサルタント協会は、お客様個人を識別し得る情報(以下、「個人情報」といいます)を適切に保護することが重要であると認識し、以下のように取り組んでおります。

個人情報の取得・利用について
個人情報はその目的を明確にし適法かつ適正な方法によって取得いたします。また、取得する範囲はその目的達成に必要な範囲にとどめるものといたします。その内、お客様に関する個人情報は「情報処理その他のお客様の便宜のため」に取得ならびに利用させて頂きます。

個人情報の提供について
個人情報を提供する場合は、必ず事前に同意を得てから提供いたします。法的な要請等によらない限り、お客様の事前承認なく第三者に開示・提供することはありません。また、お客様の個人情報を業務委託先に提供する場合は、守秘契約等によって業務委託先に個人情報保護を義務付けるとともに、業務委託先が適切に個人情報を取り扱うように管理いたします。

個人情報の安全管理について
個人情報の紛失、破壊、改ざん、および漏えい等を防止するため、不正アクセス対策、ウイルス対策等の情報セキュリティ対策を行います。

個人情報に関する法規制の遵守について
コンプライアンスの精神に則り、個人情報に関する法令及びその他の規範を厳格に遵守いたします。

個人情報保護の仕組みの見直しについて
個人情報保護マネジメントシステムを定期的に見直し、その時代にあったものに改善いたします。また全従業員を対象に定期的な教育を行うことによりレベルアップを目指すことと致します。