お申込み入力

  • 申込入力
  • 確認画面
  • 申込完了

(一般社団法人)都市計画コンサルタント協会

【 第264回都市懇サロン 】

詳細内容

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    第264回 都市懇サロン
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
令和4年10月11日(火)18時から20時頃
Webセミナー
CPD単位  22220028
認定番号  2.0ポイント

テーマ:現代アートとまちづくり

講師: (株)アートフロントギャラリー
 関口 正洋 さん

お話される内容:
 昨今、ビジネスや地域づくりの現場で、これまでにないほどに現代アートが脚光を浴びています。
 はたしてアートは社会の現場でどのような効用を持っているのでしょうか。
 20年以上にわたって継続している越後妻有等の地域芸術祭などの事例を紹介しつつ、今日におけるまちづくりの課題とアートの可能性の接点について考えていきます。

〔講師プロフィール〕
 神奈川県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒。アートフロントギャラリー所属。「大地の芸術祭」の事務局、NPO越後妻有里山協働機構の運営などに関わったのち、「奥能登国際芸術祭」の立上げから企画コーディネートに従事。中小企業診断士。

■お申込みについて■
◆参加費 ¥1,000-
◆申込方法
 下の記入欄からお申し込みください。
・参加資格要件はありません。どなたでも参加できます。
・お申込いただいた方には自動的に受付完了に関しての電子メールをお出ししています。

◆申込期限:令和4年10月7日(金)まで
※締切日が過ぎましても、人数に余裕がある場合は受付けいたしますので、下記の問合せ先までお問合せ下さい。

◆お支払方法/銀行振込とクレジットカード払いが可能です。銀行振込の場合の手数料はご負担願います。
〇クレジットカード払いの場合/申込みに続いて支払い手続きが可能です。
〇銀行振込の場合/10月7日(金)午前中までにお振込みください。
<お振込先はお申込み完了のメールに記載しております。>

※内部手続きなどやご事情により間に合わない場合は、下記の問合せ先にご一報ください。

◆キャンセル期限
10月7日(金)まで下記メールアドレスにて受け付けます。
E-mail: info@toshicon.or.jp
折り返しキャンセル受付確認のメールを差し上げます。

◆問合せ先
一般社団法人 都市計画コンサルタント協会  事務局 担当:木村・田村
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-18  ハイツニュー平河3F
TEL:03-3261-6058
FAX:03-3261-5082
E-Mail :info@toshicon.or.jp

◆ご注意◆ お申込みにあたってはデータ送信などが確実に終わるようにしてください。
 また、「申込完了メール」の着信を確認してください。
(クレジット決済の場合は二つのメールが「クレジット決済メール」の他に「受付確認」のメールが送信されます。)
 着信しない場合は、問合せ先に必ずご連絡ください。


お名前*
メールドメイン指定受信許可のご確認
「@toshicon.or.jp」から届くメールを、ドメイン指定で受信許可と
していただきますようおねがいいたします。
※「メールドメイン指定受信許可」とは、迷惑メール対策として、
許可した発信者からのメールしか受信しないように
設定するものです。
その他入力事項
支払方法*

【個人情報保護方針】

(一般社団法人)都市計画コンサルタント協会は、お客様個人を識別し得る情報(以下、「個人情報」といいます)を適切に保護することが重要であると認識し、以下のように取り組んでおります。

個人情報の取得・利用について
個人情報はその目的を明確にし適法かつ適正な方法によって取得いたします。また、取得する範囲はその目的達成に必要な範囲にとどめるものといたします。その内、お客様に関する個人情報は「情報処理その他のお客様の便宜のため」に取得ならびに利用させて頂きます。

個人情報の提供について
個人情報を提供する場合は、必ず事前に同意を得てから提供いたします。法的な要請等によらない限り、お客様の事前承認なく第三者に開示・提供することはありません。また、お客様の個人情報を業務委託先に提供する場合は、守秘契約等によって業務委託先に個人情報保護を義務付けるとともに、業務委託先が適切に個人情報を取り扱うように管理いたします。

個人情報の安全管理について
個人情報の紛失、破壊、改ざん、および漏えい等を防止するため、不正アクセス対策、ウイルス対策等の情報セキュリティ対策を行います。

個人情報に関する法規制の遵守について
コンプライアンスの精神に則り、個人情報に関する法令及びその他の規範を厳格に遵守いたします。

個人情報保護の仕組みの見直しについて
個人情報保護マネジメントシステムを定期的に見直し、その時代にあったものに改善いたします。また全従業員を対象に定期的な教育を行うことによりレベルアップを目指すことと致します。